スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

 

Posted by みやchan運営事務局 at
 

内側スライドドアスイッチ取り付け

2010年05月09日

今日は一日時間が取れたので、我が愛車、ステップワゴン(RG1)の、
内側スライドドアスイッチ取り付けを行いました。


俗に言う「ぽちっとガー」は3年ほど前に取り付けています。


写真のドアノブ下にある丸いスイッチがそれです。

あ、"ぽちっとガー"って?

・・・という方は、そのまま検索かけてみるとわかると思うんですが、
ポチッとボタンを押すと、ガーってスライドドアが開くところからなんでしょう(^-^;

ノブを引けばいいじゃん!って思うかもしれませんが、
意外に固くて、子どもが小さい頃は特に苦労してました。

これを付けた時は、先人達の知恵(特にこの方の)をお借りしました。

この頃はまだブログもやってなかったので、
アップするとか考えなかったのですが、
今回これの内側バージョンをやりましたので、
誰かの役に立つかもしれないと思ってアップします。

ドアに付けるスライドドアスイッチと比べると、段違いに簡単です。

今回参考にしたのは、主にこの方です。



自分の車なので、私は後部座席に乗ることはまずありませんが、
ドアを閉める時に、後ろを向く、ちょっとムリな体勢になるんですよね。
それを少しでも・・・と思いまして、重い腰を上げて(^_^;
取り付けることとしました。



まず、このパネルをバリッとはがします。
あ、「車がてげ汚ねぇ!」ってのは言わない約束で・・・(;^_^A



ふたつのカプラのうち、大きい方が目的のカプラです。



赤い矢印の線にスイッチをかまして、
一瞬繋いでやることによって、スライドドアが動作します。
これはカプラを外して裏から見てるところです。


なんでこの線なの?ってのは聞かないで下さい。
先人達がやってるのをまねしてるだけです(^_^;)?

ちなみに上の写真は助手席側です。運転席側は線の色が違います。
場所は同じところのようですが・・・というか、対角かな(?)



こんなのを使うと便利ですよね。



今回スイッチはこれを使います。自動戻りのスイッチが、
買いに行ったホームセンターには、これしかなかったんです^-^;



取付位置は、この辺り・・・


ホントは取っ手の辺りに付けたかったんですが、
上は外しにくかったので妥協(*^m^)

妥協は早いんだぁ(^o^;)


穴開けには最初は勇気がいりますが、思い切って・・・。
こんなのがあれば楽ちんです。
穴の大きさを時々確認しながら広げていきます。


助手席側の写真撮ってなかったんで、これは運転席側。


裏からしっかり取り付けて配線を繋ぎ、
元の通りはめ込んだら完成です。




先人達は書かれてないようなのですが、
開ける時にはこのボタンでは開かないようです。
閉める時だけでいいので、それで十分なんですが、
配線間違ってないよねぇ(*^m^)





 


Posted by ま~ぼ at 21:30 | Comments(2)