美郷町町民祭「田代祭」

2011年11月22日

地区の祭の演芸で、"右ひじ左ひじ交互に見て"をやったことを書いたら、
どうやら急に、身近なところに読者が増えたらしい・・・(*^m^)

下手なことを書けなくなるから困るんですよね~(;^_^A




さて、18日の夜から、美郷町の町民祭でした。
旧西郷村の田代地区の祭だったので、今でも通称は"田代祭"です。


18日の夜には幾番か神楽を舞います。


私も1番舞いました。
この日から神楽をやってるというのはあまり知られてないので、
見に来られる方はごく少数です。




次の日(19日)は早朝に1番舞い、厄入り神輿担ぎの面々にて
しめおこしと呼ばれる、竹を割る儀式のようなものが行われ、
その後は神殿や、ワラで作った大蛇の飾り付けが行われます。




そして、お昼はこれ


お昼から美味いもん食って、ビール飲んで、
年に一度のお楽しみと言っても過言ではないです(^-^)




午後から神様をお迎えに上がり、祭典、浦安の舞等々あります。


そして、夕刻からは再び神楽です。




厄入りの神輿担ぎも力が入ります。



神輿が帰ってくると舞われる神楽があります。
今年は厄入りの年齢に舞手はいなかったので、
厄明けで加勢という形で担いでいた2人に、
私が入って舞いました。


写真を見てもらえばなんとなくわかると思いますが、
テンポが速く、動きが多いので、なかなか難しい神楽です。



この神楽が終わると、一人舞の神楽が3つ続きます。


一人舞の3つめの神楽ですが、畳が上げられて、
他の神楽舞手は外を向いています。


それはなぜかというと・・・


厄入りの者達、そして一般の方も混じった蛇巻(綱入れ)が始まるからです。

ワラで作られ飾り付けられた二匹の大蛇(雌雄)が巻きあいます。
これの中にいるのはメチャクチャきついです(;^_^A


二日目の神楽は、この日にちが変わった頃に行われる蛇巻で終わります。





更に次の日(20日)、地元の小学校の子ども達が朝早くやってきます。
私たちが、時々学校へ神楽を教えに行っている子ども達です。


七鬼神という神楽で、面をつけて一人ずつ舞います。



笛も太鼓も子ども達が交代で吹き、叩きます。
来る27日には、小学校にて学習発表会が開催され、その場でも発表されます。



この後もまだ神楽は続くのですが、当事者なので、
逆にそうそう写真も撮れず、なかなか思うように祭の状況を
伝えきれませんが、こうしてのべ3日間に及ぶ田代祭も終わります・・・。






※今日は、いい夫婦(11月22日)の日なので、11:22にアップしてみました^-^;


タグ :神楽


この記事へのコメント
神楽のような伝統文化が子ども達に受け継がれて行くのがいいですね
舞いにも躍動感があって、舞えるま〜ぼさまがうらやましいです
地元にみんなで参加して受け継がれてゆくお祭りがあるっていいですね!
Posted by Bebe at 2011年11月22日 22:16
☆Bebe さま

しばらくネット環境と離れていたので、
大変お返事遅くなってしまいました\(_ _)

うちの地区の子ども達ばかりではないので、
どれだけ地元に残ってくれるかわかりませんが、
神楽を舞い、太鼓を叩き、笛を吹いたことは
決して忘れないことだろうと思います(^-^)

昨日は発表会の本番でしたが、しっかり舞ってくれました!
Posted by ま~ぼ at 2011年11月28日 12:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
 

削除
美郷町町民祭「田代祭」
    コメント(2)